収納問題もこれで解決! ディアウォール で棚を作ってみた。

引っ越ししてきてはや3か月、新しい場所にも徐々に荷物が増えてきました。

なるべく床にはものを置きたくないので、棚を作りたいと思います。
ですが、何分賃貸契約ですので傷をつけるわけにもいかず、そこで超便利なものがあるではないですか、その名は

「ディアウォール」

すでにすごく有名ですが、一応説明させていただきますとホームセンターなどに売っています断面サイズが38mm×89mmの2×4(ツーバイフォー)の木材に特化した製品です。

天井から床までの長さに切った2×4を天井から床までの長さを図り、そこから45mm短くカットします。

例)天井から床の長さが2500mmだったら2500mm-45mm=2455mm
2455mmの木材にカットします。

写真では4セットですが、2セット後から買い足しました。

WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ホワイト

ディアウォール 若井産業

パッケージの中はこんな感じです。本体以外にもプラスチックの板が二枚はいっていましたが、これはスペーサーでしょうか?
確かに木の長さを同じ長さに正確に切っても部屋のほうが正確とは限りませんもんね。

WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ホワイト

2×4の10フィート(38mm × 89mm × 3048mm)を6本

天板は、1820mm × 900mmのコンパネ2枚を、5枚分の1620mm × 250mmにしました。

WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ホワイト

天板下の木も、2×4を使用しています。
長さ250mmに切ったものを使用しています。

こちらが完成しました棚です!

細かいところはいろいろ隙間などがありますが、初めてにしては上出来ではないでしょうかと自画自賛。

かかった値段は、大体1万円くらいでできました。

WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ホワイト

みなさんも、壁に穴を空けずに作れるディアウォールを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサードリンク